夫の派手なボクサーパンツ - ボクサーパンツでディーゼルは高い?

夫の派手なボクサーパンツ

最近の男性は、ボクサーパンツをはいている方が多いのではないでしょうか。

 

夫もそうです。

 

ボクサーパンツの利点(夫曰くですが)は、足の付け根よりちょっと下に裾があるので、足の付け根に食い込まないのがいい。

 

トランクスに比べて落ち着きもよく、だからといってブリーフのように締め付けもない。
柄もたくさんあるし、見た目もいい。
との事です。

 

確かに、若い男性が白いブリーフはいていたりすると、がっかりというか、なんだかなあという気がします。

 

私の夫は、ある日突然「僕は、これから派手なパンツをはく」と宣言をし、それ以来とっても派手なボクサーパンツをはくようになりました。
別段、浮気をしているようでもなさそうです。

 

それまでもボクサーパンツだけをはいていたのですが、柄にこだわるようになりました。

 

例えばどんな柄かというと、青空と森林や宇宙がプリントされたもの、ネオンカラー、暗い所で模様が浮かびあがるもの・・・などです。

 

会社で着替えていても、派手だなーと言われるそうなのですが、本人的にはそれが褒め言葉なようですよ(ちょっと変わっていますね)。
男性は結婚すると、下着は奥さん任せにする事が多いと思いますが、夫は自ら選びに行きます。
お気に入りのパンツ屋さんがあって、そこで嬉しそうに選んでいます。

 

自分で選んだ派手なボクサーパンツをはくと、シュッとして、テンションが上がるのでいいそうです。

 

オシャレなのかどうなのか、よくわかりませんが、本人が納得いくならそれでいいと思っています。
時折、なんでそんな柄のボクサーパンツを選んだ?と思う事もありますが・・・。